木曜日, 7月 18, 2024
spot_img
ホームユーザーサントリー「伊右衛門」、2...

サントリー「伊右衛門」、20周年でラベルも味わいも大幅に刷新

サントリー食品インターナショナル(株)は、今年で20周年を迎えるサントリー緑茶「伊右衛門」について味わいとラベルデザインの双方で大幅に刷新。2024年3月12日(火)から全国で発売する。

同商品は、創業200年以上の歴史をもつ京都の老舗茶舗「福寿園」の茶匠が厳選した茶葉を使用した本格緑茶。2004年3月の発売以来、多くの消費者に親しまれてきた。

同社では、今年で20周年を迎える「伊右衛門」について、「本当においしいお茶を追求し続け、たゆまぬまぬ技術革新によって培ってきた中味設計技術を強みに、今の時代の嗜好を捉え、『一度飲めば違いがわかる、本当においしいお茶』へと大幅に刷新する」としている。

また、商品ラベルなどのパッケージについても、「歴史ある堂々とした佇まいと、今の時代に合わせた新しさを演出するパッケージに刷新した。旨濃い味わいを表現した濃い緑のカラーとグラデーションをベースに、余白を活かす非対称なロゴ配置にすることで、今の時代に合った緑茶であることを表現しまている」としている。

 

なお、消費者に好評のラベル裏面のデザインには、めくって楽しい「おみくじ」や日本の文化や縁起物をテーマにした新たなイラスト(全8種)を採用している。

ラベル裏面にデザインされるめくって楽しい「おみくじ」など新しいイラスト全8種

 

味わいの変更点については、次のとおり。

『一度飲めば違いがわかる、本当においしいお茶』をテーマに、緑茶本来の味わいが愉しめるよう、伊右衛門本体史上最高レベルの濃さに進化させた。

〈リニューアルポイント〉

①茶葉1.5倍(現行品「伊右衛門」本体(600ml)比)

厳選した茶葉量を1.5倍にすることで、茶葉の味わいをしっかり感じられる中味に強化。

②“旨み抹茶”3倍(現行品「伊右衛門」本体(600ml)比)

豊かな香りの“香り抹茶”と旨みを引き出す“旨み抹茶”の二種の石臼挽き抹茶を使用。“旨み抹茶”を3倍にすることで、なめらかなコクを感じる味わいに進化させた。

また同社は、「伊右衛門 濃い味」(機能性表示食品)についてもリニューアルし、2024年2月20日(火)から全国で発売する。

濃い味わいの緑茶市場は大きく伸長しており、「伊右衛門 濃い味」においても“内臓脂肪を減らす”といった機能だけではなく、しっかりとした苦渋みを感じる濃い味わいも好評となっている。

今回、石臼挽き抹茶に加え、新たに玉露ほうじを使用することで、より濃く満足感のある中味に進化した。

また、商品ラベルについては、本格的な緑茶の濃い味わいが一目で伝わるよう深い緑を基調とし、中央に“濃い味”と堂々とデザイン。さらに、“石臼挽き抹茶の旨み”と記載することで本格的な濃い味緑茶であることを表現している。

 

▼商品概要

「商品名」「容量」「希望小売価格(税別)」「梱包本数」「発売期日」

サントリー緑茶「伊右衛門」

2Lペットボトル、400円、6本

600mlペットボトル、160円、24本

500mlペットボトル(自動販売機向け)、144円、24本

350mlペットボトル、140円、24本

280mlペットボトル、135円、24本

3月12日(火)

 

サントリー緑茶「伊右衛門 濃い味」(機能性表示食品)

2Lペットボトル、400円、6本

600mlペットボトル、160円、24本

2月20日(火)

 

 

▼発売地域    全国

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事