月曜日, 4月 15, 2024
spot_img
ホームサプライヤーモーンガータ 廃化粧品から...

モーンガータ 廃化粧品から印刷用インキ開発 パール・ラメの輝き「ecosme ink」

㈱モーンガータ(東京都練馬区三原台、田中寿典代表、☎03-5935-7187)は、廃棄化粧品を印刷技術へ応用するスクリーンインキ「ecosme ink(エコスメインキ)」を開発した。同インキは使いきれずに廃棄されてしまう化粧品バルク(個別包装前の中身)と、メジュームを組み合わせたもの。消費者や百貨店、化粧品メーカーから化粧品を回収し、アート用の画材を生み出す事業を行ってきた同社に対して、凸版印刷㈱が賛同し、東洋インキ㈱の協力により実現した。今後ラベルへの採用にも期待が高まる。

 開発を実現したエコスメインキで、凸版印刷が紙パッケージを試作。東洋インキが印刷用インキの製造を手がけた。モーンガータは現在、化粧品メーカー7社らと契約しており、バルクの提供を受けるハブ役を担う。集まったバルクに不純物が混合していないかインキの適性を見極めるほか、化粧品メーカーごとにバルクを管理している。
 同インキは、化粧品の多くに含まれるラメやパールによって、化粧品特有の光輝感を演出できる点が特徴。一例を挙げると、紫色の化粧品バルクを活用したインキでは、パッケージを見る角度により赤・青・シルバーといった輝きを放つという。また印刷時のインキ盛り量に応じて、輝度を調整可能だ。凸版印刷が試作した紙パッケージのほか、コーセーではギフトボックスやショッピングバックなど包装資材にエコスメインキを活用していく。
(2022年12月1日号掲載)
関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事