金曜日, 4月 19, 2024
spot_img
ホームユーザー英ユニリーバの調味料商品「...

英ユニリーバの調味料商品「ヘルマン」、適正温度の冷蔵庫でラベルデザインが変化する「スマートジャー」をテスト中

英ユニリーバは3月7日、同社が扱う調味料ブランド「ヘルマン」において、食品廃棄を削減するためのテストラベルが貼付された「スマートジャー」を発表した。
同ジャーには、温度感知インキが使用されたラベルを貼付。冷蔵庫が5℃を下回るとラベルデザインが変化し、隠れていたレイヤーが現れて完全なデザインになるというもの。
消費者は冷蔵庫温度チェッカーとして同ジャーが使用された食品を使用することができ、新鮮さをキープしたまま長期保存でじることから、食品廃棄量を削減することに貢献する仕組み。
現在は、イラストレーターのエレン・ポルテウス氏がデザインした特別版スマートジャーを試作品として展開中。「Food Waste Action Week 2023(3月6~12日催)」開催中には、意識を高めるために英国のヘルマンファンや食品廃棄物運動か、インフルエンサーらに送られた。
同社では、英国家庭では生ゴミの廃棄に年間平均700ポンドの費用がかかるとしており、冷蔵庫温度が高いことで廃棄される食品が多いため、冷蔵庫を適正温度に維持管理できるアイコンとしてスマートジャーを開発した、としている。
関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事