金曜日, 6月 14, 2024
spot_img
ホームニュース製紙連、1月の紙・板紙需給...

製紙連、1月の紙・板紙需給実績 消費増税需要でプラスに

  日本製紙連合会は2月20日、「平成26年1月 紙・板紙需給速報」を発表した。

 それによると、1月の概況は、紙・板紙の国内出荷は前年同月比7.7%増で7カ月連続の増加。うち、紙は6.0%増と、前月の減少から増加。板紙は10.2%増で7カ月連続の増加となった。主要品種についても、消費増税関連需要などで増加となった。

輸出については、前年同月比16.2%増で17カ月連続の増加。うち、紙は6.01%増で、東アジア向けを中心に15月連続の増加となっている。

 品種別では、包装用紙の国内出荷が、前年同月比7.3%増で5カ月連続の増加。石化向けの増加や消費増税関連需要が影響している。輸出は引き続き高水準をキープしている。

 印刷・情報用紙の国内出荷は前年同月比6.8%増と、前月の減少から増加した。輸入からの振り替えや消費増税需要が影響。輸出は、2.1%減で、塗工紙を中心に24年12月以来となる13カ月ぶりの減少となった。

 詳細は同連合会HPで。

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事