月曜日, 4月 15, 2024
spot_img
ホームコンバーター大村紙業、「平成26年3月...

大村紙業、「平成26年3月期 第2四半期決算」

 大村紙業は11月12日、「平成26年3月期 第2四半期決算」を発表した。それによると、同期売上高は2,397百万円(前年同期比7.0%減)、経常利益217百万円(同.8%減)、四半期純利益131百万円(同1.2%減)となった。

 生産量については、段ボールシートが27百万㎡(前年同四半期比8.9%減)、段ボールケース18百万㎡(同7.6%減)となった。 

  販売品目別の概況は次のとおり。
 
  ① 段ボールシート 
  売上高426百万円。 総売上高に占める割合は17.8% 
 
 ② 段ボールケース 
  売上高は1,583百万円。 総売上高に占める割合66.0%。
 
 ③ ラベル 
  売上高は91百万円。 総売上高に占める割合は3.8%。 
 
 ④ その他(主に包装資材) 
  売上高は296百万円。 総売上高に占める割合は12.4%。  
  
 なお、平成26年3月期の業績予想は、前年比1.5%増の51億円を見込んでいる。
関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事