土曜日, 4月 13, 2024
spot_img
ホームサプライヤーELECOM、タトゥーシー...

ELECOM、タトゥーシール新品種 ペンで手書き可能に

エレコムが販売する「手作りタトゥーシールシリーズ」にこのほど、新たに4種が加わった。肌を露出する機会が増える夏季に向けて〝おしゃれのワンポイント〟として提案する構えだ。

従来品は、家庭用のインクジェットプリンタ(IJP)で手軽に作れ、ファッションツール以外にも文化祭や体育祭といった催事、スポーツ観戦の機会に幅広く利用されている。今回発売した4種は、IJPはもちろん、市販のペンを用いた手書きにも対応した。

使い方は、まず「印刷ベースシート」に好きな絵柄を逆像印刷、もしくはペンで描き、「粘着剤シート」と貼り合わせる。次に粘着剤シートを剥がし、シールを貼りたいところへ印刷面を押し充てて上から水をかける。水が馴染むと絵柄が転写するので、後は乾かして完成。

ラインアップは、「長方形」「正方形」「ハート」「丸形」のプレカットを施した4種で、基材はそれぞれ「透明」「ホワイト」の計8アイテム。特に、フィルムに比べて隠ぺい性が高いホワイトは、グラフィックをはっきりと再現する。エレコムの無料ラベル作成ソフト「らくちんプリント」に対応しておりデザインも容易だが、ペンを使用すればもっと手軽に、子供でもタトゥーシールづくりを楽しむことができる。

1枚入りで、価格は4種8アイテムいずれも918円(税込み)。このほかにも、従来品「フリーカットモデル・透明タイプ」のはがき・A4の2サイズに新たなセット枚数が加わった。こちらははがきサイズが3セット864円から、A4サイズが2セット1728円から(いずれも税込み)。

問い合わせは同社総合インフォメーションセンター(☎0570・084・465)まで。

 

(2015年6月1日号掲載)

 

 
関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事