土曜日, 2月 24, 2024
spot_img
ホームサプライヤームサシ 卓上サイズラベルプ...

ムサシ 卓上サイズラベルプリンタなど発表 米アストロノヴァ製水性2機種を展開

 ムサシは、卓上サイズのラベルプリンタ「T2-C」とインクジェット(IJ)プリンタ「T3-OPX」を発売すると発表。活用シーンに合わせた2機種を展開している。

 
 米アストロノヴァ製のT2-Cは、水性染料インク4色を搭載したIJ方式のロール・ツー・ロールモデル。解像度1,600dpi、印刷速度は最大で毎分18mとなっている。基材幅は50から250mmまで対応し、本体サイズは606(L)×580(W)×795(H)mm。スリッター刃を3枚内蔵しており、オプションで7枚まで追加できる。
 
 また、ムサシは同日にT3-OPXもリリース。同機は搬送テーブルを備えており、プリントヘッドの高さも調整できる機種となっている。
 
 解像度1,200dpiの4色機で、印刷速度は最大毎分27m。搬送テーブルは600mm幅だが、オプションで1,000mmまで拡張できる。
 
 プリントヘッドの高さを調整することで厚さ88mmまでの素材に対応し、段ボールや紙袋、木箱、布製品、マスクなど多彩なアプリケーションへの印刷を実現。プリントヘッドの高さが変動する搬送テーブル付きの機種で、水性インクを搭載しているのは「T3-OPXが国内初」(同社)としている。
 
問い合わせは、第二営業本部(☎03-3546-7717)まで。
 
〈写真〉卓上サイズのラベルプリンタ「T2-C」は水性染料インクを搭載し店舗や商業施設での利用も視野に入れている
 
(2021年11月1日号掲載)

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事