月曜日, 4月 15, 2024
spot_img
ホームニュースプリンスホテル 、客室用飲...

プリンスホテル 、客室用飲料水を「ラベルレス&100%リサイクルPETボトル」に変更

(株)プリンスホテル(本社:東京都豊島区南池袋1-16-15 代表取締役社長:小山 正彦)は、客室で提供されるオリジナルナチュラルミネラルウォーター「南魚沼のおいしい湧き水」を12月24日から、「ラベルレス&100%リサイクルPETボトル」に順次切り替え、さらにペットボトルの『水平リサイクル』を開始する。水平リサイクルとは、ペットボトルをリサイクルして再びペットボトルとして使用する理想的な循環型リサイクルシステムで、何度も繰り返しペットボトルを資源循環できるもの。

 
2022年4月には、プラスチック資源循環促進法の施行が予定される等、プラスチックごみ削減に対する取り組みは、ホテル事業者にとって大きなテーマとなっている。同ホテルでは、客室で提供しているオリジナル商品「南魚沼のおいしい湧き水」のペットボトルを、ラベルレス&100%リサイクルペットボトルに順次切り替え、さらに納品用の段ボール資材や梱包用のテープの見直しも行う。これにより年間で約25トンのCO2排出量削減を見込んでいる。
 
また、ホテル内で回収した使用後のペットボトルは、回収後に再資源化再生工場で水平リサイクルをするシステムを、都内に所在するホテルから構築する。これにより循環型社会に必要とされる3R(「リデュース」、「リユース」、「リサイクル」)のうち、特に「リデュース」と「リサイクル」に寄与する予定。今後、同回収システムは、全国のホテルでの展開を目指していく。
 
同社では、今後も従業員一人ひとりが環境保護のためにできることを考え、実践し、地球環境の保全に貢献できるよう努めていく、としている。
 
 
プリンスホテル オリジナルナチュラルミネラルウォーター「南魚沼のおいしい湧き水」環境にやさしい変更点は次のとおり。
 
1.「ラベル」を変更
プラスチックごみの減少+ラベルをはがす手間が省ける「ラベルレス」に変更(内容表示は粘着ラベルに変更)
 
2.「ボトル素材」を変更
リサイクルペット素材を100%使用した「100%リサイクルペットボトル」を使用
 
3.「リサイクル」を変更
客室から出た使用後のペットボトルを回収後、再資源化再生工場に持ち込むことで「水平リサイクル」を実現 繰り返しペットボトルにリサイクルする。
※都内ホテルから開始し、全国への展開を目指す

 
 
【「南魚沼のおいしい湧き水」について】
「南魚沼のおいしい湧き水」は、新潟県南魚沼市で同社が営業する六日町八海山スキー場で採取したナチュラルミネラルウォーターで、2012年の発売以降多くのお客さまにご愛飲されている。日本人の体質に合うといわれる軟水で、一般的に販売されているミネラルウォーターの硬度は 20~40mg/ ℓのものが中心だが、「南魚沼のおいしい湧き水」は、硬度 7 mg/ℓと非常に低いのが特徴す。プリンスホテルは発売翌年の2013年よりこの「南魚沼のおいしい湧き水」の収益の一部を水源のある新潟県南魚沼市へ寄付し、市内の登山道を整備する事業等に活用してもらうことで環境貢献に取り組んでいりう。
 
品名等 ナチュラルミネラルウォーター
採水地 新潟県南魚沼市(六日町八海山スキー場)
発売開始 2012 年4 月6 日(金)                                                                                                            
栄養成分 (製品100ml あたり)
ナトリウム 0.28mg (食塩相当量 0.0007g)
カリウム 0.04mg
カルシウム 0.15mg
マグネシウム 0.08mg
エネルギー/たんぱく質/脂質/炭水化物 0
硬度 7mg/ℓ(軟水)
pH値 6.4
販売者  株式会社プリンスホテル
製造委託先  株式会社秩父源流水
 

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事