金曜日, 6月 14, 2024
spot_img
ホームサプライヤー内田マシナリー商会、全エア...

内田マシナリー商会、全エアー式蛇行修正装置PR アメリカ製 防爆・防塵性で新需要開拓

 ㈲内田マシナリー商会(千葉県八千代市高津、内田裕三社長、☎047-459-4570)では現在、検出や駆動、制御のすべてに空気圧を生かした米コースト・コントロール製蛇行修正装置「全エアー式エッジガイド」を販売展開。フィルム基材への特殊コーティングやラミネート、粘着塗工向けに採用実績を上げている。

 
 同装置はロール・ツー・ロールの搬送機や印刷機に搭載し、ウエブの蛇行検出はもとより、ユニットの制御・駆動といったすべての動作にエアーを活用。シンプル構造のため▽設置が容易▽扱いやすい▽メンテナンス不要▽安定した長期間の使用、といった特徴を有する。溶剤を多く使用するフィルム加工・印刷現場で、特に防爆や防塵への高い効果がある。コースト・コントロールの説明によると、空気圧は1平方cmあたり0.3~0.7kgといった低圧での稼働を実現。省エネ化にも貢献する。
 
 同装置のラインアップは、フィルム基材への特殊コーティングや粘着剤の塗工などワイドウエブ向けの3,302mm幅、軟包装やシュリンク、ラップラウンドラベルなどミドルウエブ向けの914mm幅、ナローウエブ向けの203mmおよび152mm幅。いずれもRoHS指令に準拠し、10年間の品質保証となる。
 
〈写真〉米コースト・コントロール製「全エアー式エッジガイド」
 
(2021年5月15日号掲載)

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事