金曜日, 6月 14, 2024
spot_img
ホームサプライヤー日榮新化 「資源循環プロジ...

日榮新化 「資源循環プロジェクト」始動へ  剥離フィルムを回収・再利用

 日榮新化㈱(大阪府東大阪市若江東町、清水寛三社長、☎06-6732-1150)は、同社の一部粘着フィルムを対象としたリサイクル事業「資源循環プロジェクト」の構想を明らかにした。使用済みの剥離フィルムを回収、再利用してもう一度新しい剥離フィルムとして再商品化する取り組みの提案を、今夏から開始する。

 
 日榮新化は粘着フィルムとコーティング技術の総合メーカー。先進的な粘着フィルム開発の一方、環境配慮に資する取り組みも積極化。昨秋、同社ラベル印刷用粘着フィルムの80%にあたる75品目の粘着剤で、(一社)日本有機資源協会の「バイオマスマーク」認証を取得した。
 
 今回発表した資源循環プロジェクト構想は、日榮新化が推進している環境配慮活動の新たな一策。
 
 運用は、消費者の使用を経た製品をリサイクルする「ポストコンシューマーリサイクル」に準拠。ブランドオーナーやラベルユーザーがラベルを貼付後、不要になった剥離フィルムを回収する。集めた剥離フィルムはリサイクルを経て、新たな剥離フィルム原料の一部として利用する循環型のリサイクルスキームを想定している。
 
 まずは第一段階として、回収した剥離フィルムが同一素材となるよう対象を絞りプロジェクトを開始。持続可能な資源循環プロセスを検証して、今後対象製品や回収規模の拡大を判断していく。
 
〈写真〉ラベルユーザーから使用後の剥離フィルムを回収する
 
(2021年4月15日号掲載)

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事