金曜日, 4月 19, 2024
spot_img
ホームニュースコクヨ、マスキングテープを...

コクヨ、マスキングテープをボビンで小巻きに

コクヨは1月27日㈬、糸巻きボビンをイメージしたマスキングテープの新ブランド「Bobbin(ボビン)シリーズ」を発売する。

同商品群はユーザーが所有する15ミリ幅・内径40ミリ・外径50ミリ以内のマスキングテープを、ボビン形状の専用芯に巻き替えられるもの。マスキングテープと芯をセットした巻き替え機「コマキキ」のハンドルを回すと、お気に入りのマスキングテープがコンパクトになる仕組みだ。また、巻き替えた「ボビンテープ」は側面をカバーしており、汚れが付着しづらいことに加え、施された凹凸面でボビン同士を接続可能。
コクヨは「マスキングテープは20〜40代女性に人気のアイテムだ。このうち60%が3個以上所有していることが分かり、収集や持ち運び、交換といった活用シーンの幅を広げてもらいたかった」と開発の経緯を紹介する。
ボビンシリーズにはそのほか、コンパクトなまま、まっすぐに切れる「プチカッター」と「カッター付きケース」
をラインアップ。前者はスイッチ操作でテープの端を押し上げ容易につまめるのが特徴だ。
 
〈写真〉「Bobbinシリーズ」
 
(2020年11月15日号掲載)

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事