日曜日, 4月 14, 2024
spot_img
ホームニュース2016中部パック 4月1...

2016中部パック 4月13日から開催 「包装総合展」開幕

「2016中部パック」が4月13日(水)から4日間、名古屋市港区金城ふ頭のポートメッセなごやで開催される。主催は(社)中部包装食品機械工業会(梅森輝信会長)。

同展は包装・食品機械やシステムを中心に物流機器や包材・食材に関わる総合展。初回開催の1979年から数えて今回が20回目となる同展は現在、中部地区最大規模を誇る産業イベントとして位置づけられている。2014年に催された前回展では、4日間で6万7132人の来場者を集めた。
「見つけよう!!これからの食のために」を掲げた開催テーマのもと、計量機や包装材料加工機械、収縮包装機などの「包装機械」、スリッターやラベラー、フィルム印刷機などの「包装関連機器」、シール・ラベル、紙器、段ボール、テープといった「包装資材」のほかにも「食品機械」など包括的に展示。加えて省資源、リサイクルなど環境問題に関連するさまざまな技術提案や衛生管理ソリューションなども併せて披露され、237社654小間の出展者数を予定している。
また会期中は講演や各種セミナーも企画。
開場は午前10時から午後5時まで。入場料は1,000円。
 
(2016年3月15日号掲載)

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事