日曜日, 4月 14, 2024
spot_img
ホームサプライヤーエイブリィデニソン、中国昆...

エイブリィデニソン、中国昆山工場に新型コーター導入

 米エイブリィデニソンはこのほど、中国市場での粘着テープ需要の増加に伴い、同国・昆山工場に新しいコーターを導入し、10月1日から稼働を開始した。
 今回導入したのは、新型のカスタムメードコーターで、これにより、同工場の敷地面積は3,500㎡までに拡大。マイケル・ジョハンセングローバルバイスプレジデント、ゼネラルマネージャーは、今回の新設備導入について、次のように述べている。
「中国では、電子・自動車関連やそのほかの産業分野全体で、テープや粘着ソリューションの需要が増している。中国国内で粘着製品の製造を増強することにより、同国の顧客により良い製品やソリューションが提供できるようになり、特に、迅速なデリバリー体制や、価格面でのメリット創出は大きい。昆山工場のサービスプログラムとしては、優れたテクニカルサポートや、迅速で信頼性の高い顧客サービス、顧客ごとのカスタマイズソリューションなどを複合的に提供している」
新型コーターは、溶剤またはエマルジョン粘着テープを製造するもので、最大テープ幅は1.52mに対応するものとなっている。
 
関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事