金曜日, 4月 19, 2024
spot_img
ホームニュース大阪協組、7社の編入を承認...

大阪協組、7社の編入を承認 「四国支部」を新設

全日本シール印刷協同組合連合会(小宮山光男会長)傘下として活動してきたシール印刷四国協同組合が3月31日、解散した。これに伴いシール印刷大阪府協同組合(永井謙太良理事長)は4月1日付で、一部組合員の編入を発表した。

四国協組は2月6日に臨時総会を実施。全組合員10社で存続を審議した末、全会一致で解散を採択した。10社は①大阪協組に加盟②四国以外に拠点があれば当地の協組に加盟③組合に加盟しない、から一つ選択することとなっていた。

今回7社の編入に併せて「西日本シール印刷工業会四国支部を新設し近畿・中国・四国の3支部制とする」「四国支部代表者は㈲アートシールの大西宏社長」などの決定事項を報告した。

当該企業は次の通り。

▽㈲アートシール▽キョーワ印刷㈱▽ラベル工業㈱▽㈱三栄アート社▽㈱アイワ▽㈱プライム・ハラ▽カミイソ産商㈱(3月31日付)

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事