日曜日, 4月 14, 2024
spot_img
ホームニュースLoop 京都府と「協定」...

Loop 京都府と「協定」締結 府内イオン8店舗で販売開始

 循環型ショッピングプラットフォーム「Loop」を展開するテラサイクルジャパン合同会社(横浜市中区海岸通、エリック・カワバタ代表)は、京都府と「ゼロ・エミッション社会の実現に向けた連携に関する協定」を締結した。

 
 Loopはこれまで、東京都を中心とした首都圏のイオン30店舗(2021年12月時点)で販売。西日本でのLoop展開は初の試みとなる。7月12日からLoop商品の取り扱いを開始した店舗は、イオンスタイル京都五条、イオン京都西店などの府内8店。メーカー10社による19品目に加え、当該店舗には専用の返却ボックスが設置される。
 
 また同日から、Loop対応商品に大塚製薬の「ポカリスエット リターナブル瓶 250ml」が加わった。透明感のあるブルーの専用リターナブルびんに白インキで商品名が直接印刷され、高い意匠性から販売前から話題となっている。小売価格は230円(税別・デポジット代70円含む)。
 
〈写真〉リターナブルびん入りのポカリスエットは品薄に
 
(2022年7月15日号掲載)

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事