月曜日, 4月 15, 2024
spot_img
ホームサプライヤーマックス、新型ラベルプリン...

マックス、新型ラベルプリンタを上市 4月改正の食品表示法に対応

マックスはこのほど、最上位モデルの感熱ラベルプリンタ「LP-700SA」を上市した。
同機は4月に完全移行した食品表示法に対応したもの。従来機から印字できるラベルの幅を最大70ミリ、長さを180ミリまで拡大しており、拡大・複雑化した食品表示ラベルの作成をスムーズに行えるという。
新たな食品表示制度では「アレルギー表示に係るルールの改善」や「栄養成分表示の義務化」が設けられた。熱量、たんぱく質、脂質、炭水化物、ナトリウムの栄養成分などラベルへ記載しなければならない項目が増えている。新設された食品表示に関して同社では、サポート体制を構築。LP-700SAの購入者が情報を登録すると、食品表示ラベルを購入者に代わって50データまで作成するほか、診断サービスなどを提供している。
マックスは「原材料の記載が多くなる焼き菓子の詰め合わせや弁当、総菜なども対象になる」と説明。
そのほか同機は、フルカラーの液晶タッチパネルでラベルの入力可能な点が特徴で、製造現場でも容易に使えるよう手袋を装着しても操作できる加圧式タッチパネルを採用した。加えて指定枚数ごとにラベルを自動でカットする機能を搭載。大量発行したラベルを容易に管理することができるという。
また別売りで、離れた場所からでもラベルを印字可能なリモートラベル発行ボタン「LP-PB500」を用意。
LP-700SAのサイズは144(W)×228(D)×198(H)ミリで、価格は22万8000円(税別)。問い合わせは同社(TEL0120-510-200)まで。
 
(2020年4月15日号掲載)
 
関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事