金曜日, 7月 19, 2024
spot_img
ホームコンバーターCCL、有力北米企業「Sa...

CCL、有力北米企業「Sancoa&TubeDec」を買収 ホーム・パーソナルケア強化

 CCLインダストリーズ(本社・カナダ)は1月21日、北米のラベルおよびチューブ印刷会社のSancoa&TubeDecを7100万㌦で買収した、と発表した。契約は2014年第1四半期中に締結予定。
Sancoa&TubeDecは、米ニュージャージー州に2工場、同オハイオ州に1工場の計3工場を有し、北米のホーム・パーソナルケア市場にラベルおよびチューブを供給しているオーナー企業。2013年の売上高は、82 50万㌦(EBITDA約1010万㌦)で、買収後は、CCLレーベルのホーム&パーソナル部門で、事業を展開する。
 CCLインダストリーズのジェフリー・マーティン代表取締役兼CEOは、今回の買収について次のように述べている。
 「Sncoa&TubeDecは、30年間にわたり、革新的なラベルやチューブ装飾技術を世界市場に発信し、顧客やサプライヤーらに高い評価を得てきた。同社社長で創業者のジョー・チョウズ氏と同社の経営陣をCCLに迎え、当社の組織および顧客のために、シームレスな統合プロセスを築いていきたい」
 CCLインダストリーズは、世界25カ国に89の製造拠点を置き、ラベル、容器、チューブをメーンに手がけている。社員数は約1万人を超え、ラベル・パッケージ市場のリーディングカンパニーとして展開中。
 
 (ラベル新聞2月1日号掲載)
関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事