金曜日, 4月 19, 2024
spot_img
ホームサプライヤーヤスコーポレーション、モジ...

ヤスコーポレーション、モジュール型検査装置に新機能搭載 小型ラベラーで不良ラベルに“目印”貼付

(有)ヤス コーポレーション(東京都葛飾区堀切、今安卓也社長、TEL03-3695-5245)はこのほど、好評のモジュール型ラベル検査装置「YSS-350」をマイナーチェンジ。「Ver.2」として販売を開始した。ラベルの不良を検出した際、シートカットのラインでは、不良ラベルが存在するシートをカットせずに排出するほか、小型ラベラーを新たに標準搭載して不良ラベルに〝ラベリング〟する機構を採用。生産ラインを停止せずに不具合箇所を認識できるため、検品作業の大幅な軽減に貢献する。

YSS-350は検査装置をモジュール化することにより、印刷後の検査工程で、インラインとオフラインの双方に対応する機構が最大の特徴。印刷機や抜き加工機等との信号のやり取りを必要としないため、前工程機器間の移動が簡単で、各種装置の後工程として容易に接続できる。
最大検査幅は350ミリで、2048画素の3CCDカラーラインスキャンカメラを採用し、ロールの場合は最大で毎分60メートル、シートカットの場合は同毎分280枚(85ミリ送り時)といった速度で検査を行う。
検査後の工程に関しては、シートカットと巻き取り、スリット加工に対応。特に、シートカット仕上げ時には、不具合のあったシートをカウントから除外し、良品ラベルシートのみをカウントするため、印刷をストップすることができる。
このような機能に加え、Ver.2では、検出したラベルの不良箇所に対し、該当するラベル裏側の剥離紙に自社開発の小型ラベラーでラベリングする独自機構を搭載。今安社長は「ラベラーの標準搭載により、シート仕上げ・巻取り仕上げ、いずれの場合にも柔軟かつ安定して対応できるようになった。ラベルの貼付位置は自在で、検査担当者が把握しやすい部分への設定を実現。これにより、さらに検査工程の効率化を図ることが可能となった」と説明する。
同社は7月に開催された「ラベルフォーラムジャパン2017」でVer.2を紹介。新機能は来場者の注目を集め、多数の引き合いから「受注に結び付いた」(今安社長)としている。
また、今後の展開として、ユーザーの要望に応じたカスタマイズ性をPRすることにより、さらなる拡販に努める方針。
 
(2017年10月1日号掲載)

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事