土曜日, 4月 20, 2024
spot_img
ホームサプライヤーキヤノンMJ、高速で高画質...

キヤノンMJ、高速で高画質「新型」発表 imagePRESS 長尺両面印刷も

キヤノンマーケティングジャパンは10月3日、プロダクションプリンタ「imagePRESS」シリーズの新製品「C850」と「C750」の販売を開始した。

「C850」は最大毎分85枚、「C750」は同75枚(いずれもA4ヨコ)と、2年前に発売された前モデルを上回る高速出力が特徴。調整用のチャートを出力しプリンタ本体のスキャナーで読み取ることで、用紙表裏の出力位置合わせが半自動で調整可能とした。
画質面では今回、190線ドットスクリーンを新たに追加したことで画質の表現力が向上。特に小さなイメージデータの粒状感を軽減している。また、赤色マルチレーザーを照射するレーザースキャナー「R-VCSEL」や「CVトナー」といったキヤノン独自のテクノロジーを搭載。解像度2400×2400dpiの高精細な画質を、大量印刷時でも変化を抑制して安定的に再現することができる。
このほかにも最大762ミリまでの長尺紙の「自動両面印刷機能」を新搭載。ブックカバーをはじめ巻き三つ折りカタログ、カレンダーなどの印刷を可能とした。また従来機種で好評を博したエンボス紙や封筒への用紙対応に加えて、新たにコート紙の対応紙種を拡充。商業印刷から企業内印刷まで多様化するニーズに対応している。
「C850」は800万円、「C750」は650万円(いずれも税別)。2機種併せて月産350台を見込んでいる。
問い合わせはお客さま相談センター(TEL050-555-90053)。
 
(2016年10月1日号掲載)

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事