金曜日, 6月 14, 2024
spot_img
ホームニュースVIEPS、勉強会開催 「...

VIEPS、勉強会開催 「コードと色」学ぶ 2社が先進技術提唱

任意団体ヴィープス(宍戸伊助チェアマン)は7月19日、中央区銀座の中小企業会館で「先進のツールと技術でイノベーションを起こす」をテーマに勉強会を開催し24人が参加した。

はじめに(株)アポロジャパンの岸上郁子社長が、ドットの配置のズレを利用して情報を埋め込む同社の特許技術「スクリーンコード」について講演した。
同技術は、2×2ミリの中に直径約40マイクロメートルのドット36点で1つのコードを形成。この〝見えないコード〟を専用のペン型リーダーやスマートフォンで読み取って、モノと音声・映像・ウェブコンテンツを結ぶもの。
岸上社長は技術の基本構造から運用フロー、印刷法や採用事例、正式発表前の技術まで概説。「コア部分の研究開発は終えた。後は社会課題やニーズに当技術がどう役立てるか。各位の発想やアイデアをいただきたい」と期待を語った。
続いてDICグラフィックス(株)が登壇。今春発表した情報配信サービス「DIC COLORCLOUD」を谷口真一郎主任研究員が解説した。
これは「DICデジタルカラーガイド」へ新たに追加された機能で、パレットから選択した色が印刷方式、使用基材などの条件下でどう再現されるかを表示する。川上から川下まで各部門が事前に色情報を共有することで、企画時に見た色と最終成果物の色が異なる、というを埋める。
「EUの旗の青色がなぜ各国でこれほど違うのか」とのイントロから谷口研究員は、開発趣旨と運用効果、基本機能を説明した後、実際にDIC COLORCLOUDを操作。従来の〝色指定の在り方〟を一変するカラーコミュニケーション技術であると説いた同氏に、熱心な質問が相次いだ。
 
(2016年8月1日号掲載)

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事