月曜日, 4月 15, 2024
spot_img
ホームサプライヤー宮古商事、はるだけ防水シー...

宮古商事、はるだけ防水シール 画面の保護フィルムとも兼用可

(株)宮古商事(静岡県浜松市中区砂山町、竹内一勝社長、TEL053-482-8874)が製造・販売を行う「スマホ防水シール」(特許出願済)が注目されている。

フィルム基材の同シールは、iPhoneの縁に沿って貼付することで、生活防水を実現するというもの。画面の保護フィルムと兼用もでき、操作性を損なうことなく使用できる点が特徴。付属するスピーカー部分用のメッシュと組み合わせれば、コップの水をこぼす、雨に降られるといった場面で水ぬれによる故障を防げる。
iPhoneを丸ごと収納する防水ケースは、かさばる、デザイン性に難があるなどの理由で普段使いには向かないという声があった。そこで、スマートフォンの修理業を営んでいた竹内社長が、浸水しやすい箇所をふさぐ同シールを開発した。
部分的な補修ができる予備シールもセットで、iPhone6、6S用1,080円(税別)をはじめ、3種類を発売中。
 
(2016年3月1日号掲載)

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事