金曜日, 4月 19, 2024
spot_img
ホームサプライヤーブラザー工業 RFID対応...

ブラザー工業 RFID対応、高速モデルなど3種 感熱・熱転写兼用プリンタ発売

ブラザー工業はこのほど、感熱・熱転写兼用モデルのラベルプリンタ「TD-4750TNWBR」「同TNWB」「TD-4650TNWB」の3機種を上市した。
無線LANやBluetooth接続に対応した上位モデルと位置づける新機種群は、直感的な操作をサポートする2.3インチのカラー液晶を搭載。インクリボン残量やエラー内容を表示してプリンタの状態を把握できるほか、ネットワーク設定や用紙設定も本体を操作して行える。
TD-4650TNWBは、最高印字速度は毎秒203ミリの高速印刷を実現。コンパクトながらスムーズなラベル発行で、現場での業務効率向上を支える。
またTD-4750TNWBRはRFID機能を搭載。2007年に同社が発売したラベルプリンタ「RL-700S」以来のRFID対応機種となり、印字と同時にUHF帯インレイへのデータの書き込みが行える。またインレイ配置の指定やRFIDの電力設定が不要となる自動タグキャリブレーション、ほかにも不良タグの検知などといった機能も搭載している。
RFID機能について同社は、卓上サイズのプリンタにつき、印字速度や耐久性の面から「製造業の大量発行用途ではなく、小規模な小売・流通業や部署単位での資産管理などの需要を狙ったもの」としている。
これら新機種に関して「熱転写方式で紙素材だけでなく、合成紙やPET素材のラベルも出力可能。また、インクリボンを取り外して感熱ラベルを作成できるなど、製造・物流をはじめ、小売や医療分野とさまざまなラベルが作成できる」(同社)としている。
詳細はブラザー販売(株)ブラザーコールセンター(TEL0120-590-383)。
 
(2020年4月1日号掲載)
 
関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事