土曜日, 4月 13, 2024
spot_img
ホームニュースラベルエキスポ、東南アジア...

ラベルエキスポ、東南アジアで初開催 タイのバンコクで

ターサスは2018年5月10日(木)から12日(土)までの3日間、タイのバンコクインターナショナルトレード&エキシビションセンターで「Labelexpo SOUTHEAST ASIA 2018」を開催する。

東南アジアのラベル市場は、年6〜7%の著しい成長を遂げている。近年、洗練された最先端ラベル・パッケージ製造のため、ハイエンドな印刷機を設置する印刷会社が増加傾向にある。こうした背景から、同地域において初となるラベルエキスポの開催に至った。
対象となる主な国は▽タイ▽フィリピン▽インドネシア▽オーストラリア▽マレーシア▽シンガポール▽日本▽韓国▽ベトナム▽ニュージーランド。
出展料は1㎡あたり、区画のみで330$、椅子やテーブルなどの備品を含むセット価格は375$、9㎡からの販売となっている。
問い合わせはラベル新聞社(TEL03-3866-6577)まで。
 
(2017年4月1日号掲載)

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事