日曜日, 4月 14, 2024
spot_img
ホームニュース「第17回自動認識総合展」...

「第17回自動認識総合展」 自動認識セミナー併催 「省力・効率」などテーマに

(社)日本自動認識システム協会(伊沢太郎会長)は、9月16日(水)からの3日間、江東区有明の東京ビッグサイトで、「第17回自動認識総合展」を開催する。また、「BT Spice 自動認識セミナー」も併催される。

今回は、98社4団体が参加し、自動認識技術の「省力・効率」を求める分野をはじめ、日常生活での「安全・安心」、物流・製造等現場の「見える化」をテーマに据える。そこで、バーコード、2次元シンボル、RFID、画像認識、生体認証などの先端自動認識技術や、これらの技術を生かした物流、流通、生産、施設オフィス管理支援などのソリューション、応用システムが展示される。

自動認識セミナーは、上智大学の荒木勉教授をセミナー委員長に迎え、9タイトル、18講演を実施予定。また、特別講演として、「IEEE RFID-TA 2015」との共同セッションも行われ、ウォルマートからオムニチャネル施策担当のRam Rampalli氏、楽天からロジスティックス責任者の島貫慶太氏らが、それぞれの立場からICT戦略について語る。

入場料は税込み1000円。問い合わせは、(株)シー・エヌ・ティ(☎03-5297-8855)まで。

 
(2015年9月1日号掲載)

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事