金曜日, 6月 14, 2024
spot_img
ホームニュース全日シール連、田中浩一氏が...

全日シール連、田中浩一氏が新会長に 知恵を出し合い有益な活動推進

全日本シール印刷協同組合連合会は5月28日、東京都台東区の上野精養軒で「第56回通常総会」を、9協組理事長全員の出席で開催。「任期満了に伴う役員改選」を審議し、新会長に田中浩一氏(東京都正札シール印刷協同組合理事長)を選出した。

5期10年務めた小宮山光男前会長は、理事に就任。広報・国際委員長として田中新体制のバックアップ役を担う。さらに、正札協組を除く8協組の理事長は、それぞれ副会長を務める。また、役員選出に先立ち、定款の一部変更が審議され、1名の員外理事を承認・可決。これを踏まえ、同事務局長の片桐敬喜氏が新専務理事に選出された。

総会後の懇親会で、田中新会長があいさつ。「小宮山前会長は長きにわたって会長職を務められ、経験に基づくリーダーシップを存分に発揮された。私は前会長と比較して、まだ経験不足が否めないという側面があるが、本日ご出席の副会長や協賛会の皆さんとともに、知恵を出し合い、有益な活動を推進することで、業界発展に貢献したい」と述べた。

 

(2015年6月1日号掲載)

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事