金曜日, 4月 19, 2024
spot_img
ホームサプライヤーMTJN、デジタル後加工機...

MTJN、デジタル後加工機などデモ 新型レーザー機見学会

㈱メディアテクノロジージャパン(MTJN・東京都江東区越中島、馬場恒夫社長、☎03・5621・8266)は7月8日㈬と9日㈭の2日間、同社ショールームのホワイトカンバスMONーNAKAで、新開発のレーザーカッティングシステム「motioncutter」見学会を開催する。 新製品は、高性能レーザーの採用により、高速でのデジタルカッティングを実現するシステムで、今回の見学会が国内初披露の機会。シートラベル製造に不可欠なハーフカットはもちろん、ミシン目やエングレービング加工にも対応するほか、連続給紙によって高い生産性を可能にする。 また、見学会では、デジタルエンボスシステム「SCODIX」を活用したニスと箔押しのソリューションに関連したデジタル後加工技術も紹介する。 なお期間中は、各システムの実演デモンストレーション、デジタル後加工機のトレンド、欧州での採用事例などをテーマとしたセミナーを開催する。 見学会の日時は次の通り。 ▽午前10時〜(9日のみ)▽午後1時15分〜▽午後3時30分〜 今回の見学会に際して、同社では「印刷物の小ロット化には、コストを抑制しながら短納期や付加価値対応(加飾など)が不可欠。木型レスでダイレクトにカッティングできるレーザーシステムと、版レスでの厚盛りニスと箔押しが可能なデジタルエンボスシステムは、皆さまのビジネスを支える強力なツール。ぜひとも体感していただきたい」とコメントしている。   (2015年7月1日号掲載)  

 
 
関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事