土曜日, 2月 24, 2024
spot_img
ホーム国内展示会「Canon EXPO 2...

「Canon EXPO 2023」で水性IJデジタルラベル印刷機「LabelStream LS2000」が初披露

キヤノンは10月18日から20日まで、横浜市西区みなとみらいのパシフィコ横浜ノースで「Canon EXPO 2023」を開催。同社の最新技術が一堂に会した会場内で、先立って発表されたデジタルラベル印刷機「LabelStream LS2000」(10月15日号既報)が初披露となった。同展で行われたデモンストレーションなど技術解説に基づき、国内外から注目される同機の現時点で判明している特徴についてリポートする。

8年ぶりの実施となったCanon EXPO 2023では、半導体関連や医療分野、映像システムなどの最新製品・ソリューションが集結。商業・産業印刷関連の展示は、入り口付近のスペースで披露された。 新製品として脚光を浴びたLabelStream LS2000は、ラテックスインクを採用した水性インクジェット(IJ)方式の機種。CMYK+白を標準搭載し、印刷速度は最高で毎分40㍍、印刷幅は最大340㍉となっている。

以降、詳報は「ラベル新聞2023年11月15日号」で。

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事