月曜日, 4月 15, 2024
spot_img
ホームサプライヤーキソ化成産業、和紙シートラ...

キソ化成産業、和紙シートラベル上市 レーザー対応 金漉きなど3種

キソ化成産業㈱(大阪府東大阪市川俣、中島啓社長)は6月22日㈪から、レーザープリンタに対応したA4判の和紙ラベルの販売を開始する。

同社はこれまで、レーザープリンタ対応の蒸着ラベルや透明フィルムラベルを上市。両ラベルと共に大手プリンタメーカーの推奨紙に指定されるなど、OEMを含めシートラベルを数多く供給している。

今回の新商品も、同社が以前から推奨紙として提供してきた和紙を粘着加工したもの。全国の酒造会社やデザインオフィスといったプリンタユーザーからの要望に応じ、ラインアップを拡充する形で商品化を果たした格好だ。

基材は、植物の繊維をき込みながら純白に仕上げて印刷をきれいに再現する「白漉き」のほか、これに金銀の箔を一緒に漉いた「金箔」と「金漉き」の3種。のりは一般強粘着だが「白漉き」と「金箔」については再剥離もそろう。

価格はA4サイズ1枚で粘着剤の種類を問わず130円(税別)。100枚単位で購入可能。問い合わせは東京オフィス(☎03・3575・9111)まで。

 

(2015年5月15日号掲載)

 

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事