火曜日, 4月 16, 2024
spot_img
ホームニュース2014年ラベル市場、緩や...

2014年ラベル市場、緩やかな成長局面迎え6,096億円に

  本紙調査による2014年の国内ラベル市場は、前年比0・7%増の6096億円だった。同年4月施行の消費税率引き上げにより、3月末まで駆け込み特需が発生。その後、在庫調整や消費者による買い控えで、需要は低迷したものの、株価の上昇を背景とした設備投資の積極化や、雇用改善に起因する消費マインドの向上などを理由に、微増で推移した。なお15年は、安定する為替レートを背景とした輸出拡大や、大手製造業を中心としたベースアップ実施など、明るい話題が先行しており、同0・7%増の6140億円と予測する。

 

 詳細は、ラベル新聞2015年4月1日号掲載

 
関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事