月曜日, 3月 4, 2024
spot_img
ホームサプライヤー凸版印刷、グラビア印刷で凹...

凸版印刷、グラビア印刷で凹凸加工 酒類など ラベルに高級感演出

凸版印刷はこのほど、グラビア印刷の新技術として、グルーラベル基材の薄紙に多様な質感や触感を実現する「エンボスルックG2薄紙タイプ」と、立体感を表現する「同3D薄紙タイプ」を開発した。基材表面にUVニスをコーティングすることで、エンボス加工のような凹凸を形成。高級感を演出する。現在、ビール・酒類や飲料分野に向けて同技術を訴求している。

同社はこれまで、パッケージを対象にアイキャッチ性や高級感を付与する加工技術を開発。カートン向けのエンボスルック3Dを発表するなど、商品の高付加価値化に取り組んできた。2つの新技術は、培ってきた加工技術をラベル基材の薄紙向けに応用したもの。グラビア印刷機にニスコーティングユニットを搭載し、ワンパスで凹凸加工を施す。
G2薄紙タイプは、グラビア印刷で透明ニスをラベル基材に厚く盛ることで、ざらざら感やしわしわ感などの触感を表現する。生活・産業事業本部の岡田晴樹氏は「ラベルのデザインに木目調の印刷を施したうえで、ニスコーティングも同様の厚盛りをすることにより、リアルな質感を演出できる」と説明する。
また3D薄紙タイプは、微細なドット柄の上に透明ニスを印刷することで、凸状のマイクロレンズを規則形成。基材に蒸着紙を採用すると、これまでにない奥行感のある視覚効果を演出することが可能となる。
新技術は現段階で、大ロット向けのグルーラベルを対象としているが、岡田氏は「現在、当社グループの(株)トッパンTDKレーベルと共同で、粘着ラベルへのテストも精力的にこなしている」とコメントする。
新技術について同社では、クラフトビールや日本酒、ワインなどの酒類をはじめ、ドリンク剤やトイレタリー、医療・医薬品など高付加価値ラベルとしての需要を見込んでおり、2017年度に、約5億円の売り上げを目指す。
 
〈写真〉「エンボスルックG2薄紙タイプ」(上)と「同3D薄紙タイプ」
 
(2016年12月1日号掲載)
 
関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事