月曜日, 3月 4, 2024
spot_img
ホームニュース正札協組、創立65年で感謝...

正札協組、創立65年で感謝状授与 経験則とらわれず「前へ」

東京都正札シール印刷協同組合は5月26日、台東区の上野精養軒で「平成28年度第65回通常総会」を開催。組合員109人(委任状含む)が出席した。

総会は田中幸晴副理事長を議長に議案を審議。1号議案「平成27年度事業報告書および決算関係書類承認」から7号議案「規約一部変更」まで、各委員会の委員長や支部長が報告・説明を行って、全議案は賛成多数で可決承認された。
引き続き開催された懇親会では、はじめに正札協組創立65周年を記念した感謝状の贈呈が執り行われた。支部長として長年組合活動に尽力した組合員・会友を表彰するもので、次の7人が選出された。
▽市園幸裕(マツバ印刷(株))▽斎藤和則((株)ワールドプリンター)▽柴田和夫((株)柴田印刷)▽祖父江守恒((株)中央シール)▽新田智加子(新田特殊印刷(株))▽田中幸晴((株)田中美術印刷)▽三川伊三郎(員外)
このほかに、4期8年理事長として指導力を発揮した前理事長の小宮山光男氏(MSP(株))と、1994年に発足した新潟県シール印刷工業会の会長を長年務め会友として組合活動に尽力する中川三九郎氏((有)中川シール印刷)の2人に「特別感謝状」が贈られた。
その後、大内昭彦協賛会会長の祝辞に続いて馬橋孝悦常務理事が乾杯を発声。歓談中には同青年部の城篤史部長らが登壇して「熊本地震復興支援ステッカー」事業を説明、募金への協力を呼びかけていた。
中締めは田中祐副理事長が登壇して、三本締めで盛況のうちに散会した。
 
(2016年6月1日号掲載)

関連記事
- 広告 -
Google search engine
Google search engine
Google search engine
Google search engine

最も読まれている記事